暮らしを、ともに。リビングギャラリー

リビングギャラリー長岡西店 ルームアドバイザー 川瀬蓮

川瀬蓮

繁忙期の忙しい中でも丁寧な対応を忘れない

私は、高校が商業高校で専門学校も会計系の学校だったこともあり、最初は金融志望で銀行を志望していました。でも内定をいただくことができず、そのときに出会ったのがリビングギャラリーです。それまでは不動産関係には全く知識がなくお客様にただお部屋を紹介するだけだと思っていましたが、説明会に参加した際にオーナー様とのかかわりであったり、リノベーション物件に取り組んでいる業務に惹かれ応募しようと思いました。

私はまだ正社員として店舗に出たことはないですが、2月3月の早期研修のときにはちょうど繁忙期であり、とても忙しい店内でした。しかし、ひとりひとりのお客様に対してとても丁寧な接客をしているのが印象的でした。そして忙しい中でも私に対して丁寧に仕事を教えてくださり、とても暖かい雰囲気でした。現在の研修でも先輩社員の方が積極的に教えてくださるので、配属先に行った際は先輩の業務が円滑になるよう努力するつもりです。

ネットにはのらない情報を提供するのが大切な仕事

先輩社員から教わることは、店舗に出た際の電話応対、デスクネッツ、レンターズなど。多くの業務をパソコンを使って業務を行うので、使い方をしっかり覚えないと円滑に業務を行えなえません。それがとても心配でしたが、先輩社員や他業者の方が来てくださりとても丁寧に教えてくださいました。今はまだ店舗に出て実際に業務に携わったことはないのですが、店舗に出た際はスムーズに使いこなせるようになってると思います。

ルームアドバイザーという仕事はただお部屋を紹介するだけではなく、お部屋の資料を私なりに咀嚼し説明できるようにし、お客様によりよいお部屋を紹介する仕事だと私は思います。物件名、家賃、間取りなどを見るのはネットだけで見れます。なのでルームアドバイザーとして、そのお部屋に住むとこの道は朝混んでくるなどのネットにはのらない情報を提供するのが、ルームアドバイザーの仕事なのだと私は思います。

今後の目標としては、まず第一に宅地建物取引士の資格を取得することです。その後は、店舗の店長となり、そこで培った知識などで新価値創造事業や不動産販売事業に挑戦したいと考えています。これらの目標を達成するためにはルームアドバイザーとしてまずしっかりとした土台を作らなければいけないと思っています。そのために5月からの配属先に行った際には業務を取り組む一日一日、先輩社員や店長の一言一言を大事にして業務に取り組んでいこうと思っています。

PAGE TOP
会社を知る
代表メッセージ
リビングギャラリーについて
事業領域
会社概要・沿革・実績
仕事を知る
社員紹介
求める人物像
採用担当者メッセージ
新卒採用
募集要項
採用の流れ
エントリー
中途採用
ルームアドバイザー
エントリー
その他
よくある質問
facebook

お知らせ・イベント情報

2018年02月28日
3月1日より「リクナビ」エントリー開始!2019年新卒採用
2017年06月28日
【求人】当社WEBディレクターの募集について

一覧はこちら