暮らしを、ともに。リビングギャラリー

リビングギャラリー新潟営業部 副本部長 相田卓

相田卓

不動産はサービス業である。

私は18歳から35歳まで外食産業で働いていていました。そこでは接客ということを一生懸命やり、お客様との接し方、話し方、立ち振る舞いはきっちり仕込まれて、接客に関しては自分でも誇れると自負しています。

30半ばになって、将来のこと、自分の時間の使い方などを考えて、転職のタイミングやきっかけを模索していました。そのころ賃貸アパートを借りたことがあり、担当の方にとてもよくしていただいた印象が残っていて、私も不動産業に携わりたい考えるようになったのです。つまり、不動産業も接客を通してお客様の欲しいものを提供する、ある意味サービス業だと思いました。それならば私の外食産業での経験が活かせるはずです。

調べたり人に相談してみると、新潟は住宅整備が進んでおらず、不動産業はまだまだこれからの分野だということがわかりました。これから成長する業種ならやりがいがあるのではとも考え、当時、社員募集していたリビングギャラリーの門を叩いたのです。

相田卓

この会社で何をやりたいか明確なビジョンを。

入社して1年間は無我夢中で頑張りました。1年ほど経ったころ、当時の社長から店長をやってくれないかと打診があり、一度は断わりましたが社長の強い希望もあり、引き受けることにしました。私が店長になってまず何をやったかというと、お客様への接し方の教育です。接客や電話の対応の仕方など、当時のリビングギャラリーはしっかりできてないと感じていたので、そこは厳しくやりました。私は不動産業もサービス業だという思いもあり、私の前職で培ってきたスキルをスタッフに伝えることで会社を成長させられると考えたからです。

中途採用でこの会社を志望する方には、まずここで何をやりたいか明確にしておくべきです。弊社にもいろんな部門がありますが、10年後の将来像や自分なりのビジョンを持って入社することが中途採用の方には求められると思います。

弊社ではまず行動することが求められます。行動する人間が評価されます。入社したら遠慮はしないで自分からどんどん意見を発信すれば、どんどん仕事も任されますし、仕事も広がっていくでしょう。そういうリーダーシップを発揮することを楽しい、嬉しいと思える方にはピッタリの会社だと思います。

PAGE TOP
会社を知る
代表メッセージ
リビングギャラリーについて
事業領域
会社概要・沿革・実績
仕事を知る
社員紹介
求める人物像
採用担当者メッセージ
新卒採用
募集要項
採用の流れ
エントリー
中途採用
ルームアドバイザー
エントリー
その他
よくある質問
facebook

お知らせ・イベント情報

2018年02月28日
3月1日より「リクナビ」エントリー開始!2019年新卒採用
2017年06月28日
【求人】当社WEBディレクターの募集について

一覧はこちら